2009年01月26日

Windows7レビュー ~ショートカットキー編~

Windows7固有のキーボードショートカットについて。 今のところウィンドウ操作関連のみ。 ほかのショートカットもわかったらあとから追加の予定。

本文は続きに。

XP以前からあるショートカットキーは省いてあります。

Win + ↑
アクティブウィンドウを最大化。
Win + ↓
アクティブウィンドウを最小化。最大化しているウィンドウで使うと元の大きさになる。
Win + →(←)
アクティブウィンドウをディスプレイ右(左)半分の大きさにリサイズして、ディスプレイ右(左)端にそろえる。 マルチディスプレイの場合、右端にあるときにWin + →、あるいは左端にあるときにWin + ←を押すと、次のディスプレイの左端に移る。 Win + →を連続で押した場合の動きはこんな感じ。

6の次には1に戻ります。
Win + Shift + →(←)
マルチディスプレイの時、アクティブウィンドウを次ぎ(前)のウィンドウに移す。 表示位置はそのまま。 上の図の2→5の移動。
Win + Space
ウィンドウをすべて非表示にする。 最小化するわけではなくて、すべてのウィンドウを透明にする。 透明になってもウィンドウの枠は表示されたままになる。 キーを離すと元の状態に戻る。
Win + P
ディスプレイへの出力方法の切り替え。デスクトップPCで使うことはほとんど無いかもですが・・・。
Win + T
タスクバーにあるプログラムのサムネイルを表示する。連続して押すと左から順に表示していく。

タスクバーは上置き派なので、画像でもそうなってます。
Win + U
「コンピューターの簡単操作センター」を開く。拡大鏡だとかスクリーンキーボードだとかのメニューが表示されます。ちなみにXPでは「ユーティリティマネージャ」の表示でした。
Win + G
デスクトップガジェットの表示。Vistaでも同じ・・・だったのかな?
Win + 数字
タスクバーに常に表示しているプログラムを起動する。すでに起動されている場合はアクティブにする。タスクバーの左から順に1,2,3・・・に対応しています。
Win + =
「拡大鏡」の実行。

ほかにもあったら教えてください。



タグ :Windows7

同じカテゴリー(ソフト)の記事画像
縦置き派におすすめなFirefoxアドオン「Tab Kit」
キーボード・マウス共有ソフト「Synergy」を使ってみた。
Windows7 RCを入れてみた。
Windows7レビュー ~アクセサリ編②~
Windows7レビュー ~アクセサリ編①~
Safari4 パブリックベータリリース
同じカテゴリー(ソフト)の記事
 縦置き派におすすめなFirefoxアドオン「Tab Kit」 (2009-07-14 17:37)
 キーボード・マウス共有ソフト「Synergy」を使ってみた。 (2009-06-24 20:05)
 Aero Peekが表示されるまでの時間を変更する。 (2009-06-13 06:43)
 Windows7 RCを入れてみた。 (2009-05-08 00:53)
 Windows7レビュー ~アクセサリ編②~ (2009-03-03 23:44)
 Windows7レビュー ~アクセサリ編①~ (2009-03-03 22:30)
Posted by Handle at 19:18│Comments(3)ソフト
この記事へのコメント
Targetの家で7触ったが、Win+Dのデスクトップを最前面にするショートカットが便利になってた。
なにが?ってガジェットが見えなくならないようになったこと。ガジェットのCPUメータ見るために押したのに・・・とVistaユーザは嘆きます。
メッセから記念カキコw
Posted by colonel at 2009年01月28日 00:08
> colonel さん

うあー、わかるわその気持ち。
一時期、サイドバーを常に全面に表示する設定で使ってたけど、画面が狭くなるから結局使わなくなった気がする。
せっかくだから7ではガジェット使ってみようか・・・。
Posted by HandleHandle at 2009年01月28日 10:15
Windows押しながらTab
Posted by AT at 2009年11月30日 21:30
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。